コラムColumn

おもちゃ食べちゃった(催吐処置)

よくご相談を受けます

おもちゃを飲んでしまった、チョコレートを食べてしまった、などなど

動物を吐かせる、というのは結構大変なんだよ?というコラムです。

まず、『吐かせる』ためにはどうするかですが。。。。

実は、安全に吐かせる薬というものは存在していません。

では、どうしているのか?

一番多いのは、止血剤トラネキサム酸の過剰投与です。

基準量の5倍〜10倍量を急速静脈内投与します。

基準の5倍ですから、副作用がでやすいです。コレが吐き気・嘔吐です。

トラネキサム酸の添付文書、副作用の欄です

頻度不明の消化器の副作用に、悪心・嘔吐があります。

そう、副作用を利用して吐かせているんです
上記、添付文書の重大な副作用がでてしまう可能性もあります

日本獣医師会雑誌に、副作用の報告があります。
死亡例と痙攣症例です。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvma/74/8/74_503/_article/-char/ja/

催吐処置を行って副作用を経験したことがあるか?という問いに
15%の獣医師が経験があると回答しています(162名中15名)
死亡例が4例(因果関係不明)
痙攣が9例(非死亡例の有害事象の60%)
そのほかでは、元気消失・食欲不振・嘔吐が継続するなどでした

私(院長)も、嘔吐以外の副作用も経験しています。
高齢犬で投与後に痙攣がありました。
幸い、抗けいれん薬の投与で事なきを得ましたが、大変怖い思いをしました。。。
また、他の子では、処置後から原因不明の食欲不振が続きました。
なにをどう検査しても、異常が見つからないんです。これは困りました。。。

ただ、有害事象(副作用)を経験されていない先生が85%いるので、比較的安全な処置であろうことは事実です。

トラネキサム酸の投与の他にも動物に嘔吐を誘発する方法はいくつかあります。。。
食塩を飲ませる・オキシドールを飲ませる、などですが、食塩は中毒が・オキシドールは重篤な胃潰瘍が報告されてるため、トラネキサム酸の投与のほうが安全だろうと考えています。
トラネキサム酸以外にも、嘔吐を誘発する薬物(アポモルヒネ)もありますが、悪心(気持ち悪い状態)が長く続いたり、元気まで無くなってしまったりと、嘔吐をしてスッキリとはいかないものが多い印象です。

催吐処置アンケートを参照
日本獣医師会雑誌 2021 年 74 巻 8 号 p. 503-507

<注意>
上記の記事は、主にワンちゃんに対してです。
猫ちゃんの場合は、トラネキサム酸を試してみますが、あまり成功率が高くありません。
次の試すのは、メデトミジンという鎮静薬の筋肉内注射です。
吐いてくれる可能性が高いのですが、強い鎮静が掛かってしまうのが難点です。
今の所、猫ちゃんでは、うまい方法が見つけれていないのが現状です。。。

当たり前ですが、誤飲させないことが一番です。

なにか食べてしまった場合は、まずはご相談いただきたいのですが、
『薬の副作用を発現させて吐かせる』ということをご理解いただきたいと思います。