予防接種Vaccine

予防接種の必要性

病原性を弱めた細菌やウイルスを健康な時に体内に取り込み、病原菌やウイルスに対する免疫の抵抗力を高めて重大な病気を予防するのがワクチン接種の目的です。
ワクチンで予防できる病気には高い確率で死亡したり、人間にも伝染する恐ろしい病気もあります。
予防接種を受けて、ペットと飼い主様・ご家族の健康を守りましょう。

予防接種

子犬、子猫のワクチン接種

子犬、子猫は生後3~4ヶ月までに2~3回のワクチン接種を受けるのが一般的です。
しかしこの時期は、子犬・子猫を飼育し始めるタイミングであり、また動物の社会化期(他の犬や人、物などに触れたくさんの経験をさせるべき時期)でもあります。
病気を第一に考えると社会化期が短くなり、社会化期を優先させると病気の抵抗力が低くなる...そんなジレンマを抱える時期とも言えます。
当院では、飼育を始めた時期、月齢、飼育環境、犬種・猫種などを考慮し、できるだけ社会化期が長く取れるように、個々にプログラムを立てています。
また、子犬・子猫のワクチンは13時から16時までの間も予約制で受付しています。

成犬、成猫のワクチン接種

ワンちゃん 5種 または 7種混合ワクチン
ネコちゃん 3種 または 5種混合ワクチン

伝染病の予防には予防注射が不可欠です。基本的には、1年に1度、ワクチンの追加接種が推奨され、感染リスクの多い場合は理想的な方法だと思います。
しかし、それが全てではありません。
伝染病への感染リスクが低いと考えられる場合には、抗体検査を受けていただき、抗体量が十分存在すればワクチン接種を1年延期する方法もあります。
生活環境や活動範囲などを考慮し、その子に合わせたワクチンプログラムを提案させていただきます。

ワクチン抗体検査

血液検査を行い、特定の伝染病(コア・ワクチン)についての免疫量を測定します。
免疫量が十分存在すれば、ワクチンを延期します。
免疫量が不十分であれば、ワクチン接種などを検討します。
以下の項目に心当たりがある場合は、お気軽にご相談ください。
○以前、ワクチンによるアレルギー反応が起こった
○現在、複数の薬を飲んでいて、病気の治療中である
○ワクチンによる負担をかけたくない

抗体検査についてはこちら(https://www.koutaika-kensa.info/

ワクチン抗体検査

料 金(税抜き)

【予防ワクチン】

  • 狂犬病ワクチン
    2,600円
  • 犬5種混合ワクチン
    6,000円
  • 犬7種混合ワクチン
    8,000円
  • 猫3種混合ワクチン
    4,000円
  • 猫5種混合ワクチン
    5,000円

【ワクチン抗体検査】

  • 犬用
    6,000円
  • 猫用
    6,000円

※別途、採血代がかかります。

注意事項

  1. 子犬・子猫の場合、お家に来てから少なくても7日間は嘔吐・下痢・食欲などを観察してください。その後体調不良などがなければワクチン接種可能となります。
  2. ワクチン接種後2日間はシャンプーや過度の運動・遊びは控えてください。
  3. ワクチン接種後の副作用に迅速に対応できるように、できれば午前中、または午後の早い時間のワクチン接種をオススメします。また、ワクチン接種後15分は病院内で待機していただけると良いと思います。
  4. 各種予防接種の同時接種は行っていません。

ワクチン接種のご予約、お問合せはこちらから