コラムColumn

台風15号のアンケート結果

こんにちは。

台風15号の後に行ったアンケートについてご報告いたします。
報告が遅くなって申し訳ありません。

Q1 避難所を利用されましたか?

避難所を利用された方はいらっしゃいませんでした。

Q2 仮に避難所を利用する場合、ペットはどうしますか?


国は、同行避難を推奨しています(オレンジ)
同伴避難は各自治体に任せられています(グレー)
できればペットを置いていかずに一緒に避難していただければと思います。
大型の動物や、ペットが集団生活が出来ない場合は受け入れを断られることがあります。

Q3,4 停電時の過ごし方

多くの方が暑い中、自宅で過ごされたようです。
暑さ対策が必要かもしれませんね。

Q5,災害時の情報の取り方

多くの方が色々な方法で情報を集めていたようです。
中でも、Twitterを使用していた方が多いようです。
通信障害も起きてていたため、ご近所同士の連絡網も有効だったようです。

Q6,ペットがいて困ったことは?
 (自由に記入していただきました。)
留守中の停電
エアコン使えない・暑さ対策
水の確保
飼い主さんの行動制限
誰かが家にいないといけない
ペットが預けられない
避難所の利用をためらう
ペット受け入れ可能な施設の情報が手に入らない
回線不通で情報が手に入らない

Q7,ペット情報はあったか?
   →ペットの情報はなかった

Q7-2 どんな情報が欲しかった?
 一緒に避難所に連れて行ってよいのか。
 同伴避難と同行避難の情報
 防災無線が聞こえにくいのでラジオの活用
 前もってのペット受け入れ所の公開
 避難所は冷房が利用できるのか
 避難所にペットフードがあるか

この結果をまとめている段階で、台風19号と先日の大雨が来てしまいました。

台風19号では15号の時よりも多くの方が避難所を利用したようです。一度経験すると怖いですからね。。。

しかし、多くの避難所でペットの受け入れが出来ない現実がある様です。これは印西・佐倉だけでなく、東京などでも起きていたようです。
台風19号・先日の大雨で避難所内までペットOKをしていたのは、この周りでは千葉市と酒々井町だったようです。
ただし、基本は自分が住んでいる自治体の避難所を利用するのが基本ルールです。

市議会議員さんや市役所の方たちに、ペットを飼っている我々の気持ちを少しずつ理解してもらえるように、声を出していく必要はあるかもしれませんね。
(ちゃんと選挙いきましょう)

避難所は、「難」を「避」ける場所であり、快適な生活場所ではないと考えています。

避難所での生活が少しでも快適なるためには、飼い主の日ごろの準備が必要になると考えています。

前の記事 記事一覧 次の記事