コラムColumn

2019年のフィラリア症の予防

先に、結論を。

今年のフィラリア症予防の最後の投薬は、12月に行ってください。

理由は以下に。。

フィラリア症の予防は、蚊がいなくなってから1か月後に行って終わりとなることが多いと思います。

でも、『蚊がいなくなってから』って、かなり曖昧です。

もう少しわかりやすい目安は無いものか?という事で、当院ではHUDというものを計算しています。

HDU; Heartworm Development heat Unit
フィラリアが成熟するために必要な積算温度の単位です。
その土地の最高気温と最低気温をもとに算出されます。

気象庁のデータ(成田)をもとに算出したものがこちら。

横線がボーダーライン
赤い線が2019年
高い数値が徐々に低下して、ボーダーラインを下回った日が、
計算上でフィラリアの感染最終日となります。
グラフを表にまとめると、こんな感じです。

フィラリア最終感染日が11月になっているのは、2013年と今年のみ。

理論上きちんと予防するためには、12月に入ってから最後の投薬を行いましょう。

前の記事 記事一覧 次の記事