コラムColumn
皮膚病

なにを「洗う」??

ひさしぶりのスキンケアのコラムです。

私は、スキンケアの基本は「有害な物質を除去し、有益な物を添加する事」だと考えています。

セミナーや講師の受け売りですが、もっともだと思います。

まずは「敵;有害な物質」を知りましょう。

皮膚に対して有害な物の多くは、いらなくなった角質層や汗、異常な分泌物だと言われています。

そのなかでも犬の皮膚の汚れの主体である「皮脂」が最も厄介です。

それは、皮脂は通常、固形であるためシャンプーのみでは落としきれないことが多いからです。

皮脂を落とすためには、洗浄力の強いシャンプーを使えばよいのですが、皮膚には刺激が強い。

皮膚に刺激の少ないシャンプーでは、皮脂が落ちない。。。。

汚れ(皮脂)をシャンプーで落とす。

この考え方を変えてみましょう。

女性のお化粧、洗顔フォームで落としますか?

その前にみなさん、なにか使いますよね?

そう、クレンジングオイルです。

皮脂(あぶら)はクレンジングオイル(あぶら)で浮かせて落とす。

この時に、出来ることであれば犬用のクレンジングオイルを使いたい。

物質にはそれぞれ溶けやすさがあり、犬用のクレンジングオイルは、犬の皮脂の溶けやすさに合わせて作られています。

どうしても皮脂が落ちないのであれば、犬用のクレンジングオイルを使ってみてください。

私は、N’s Drive スキンクリーニングオイルを好んで使っています。

皮脂を、オイルを使って優しく溶かしていきます。

もちろん、皮脂が多くない子には、積極的に使用しなくても良いと思います。

犬の体を洗うプロのトリマーさんに聞くと、きちんと皮脂などが落ちていると、後のドライヤーでの被毛の乾きが良いそうです。

参照;Ns drive セミナー資料

   Ns drive HP https://www.nsdrive.com/